ユーザーインタビュー一覧

最新記事

DroneRoofer



おすすめ記事

ドローンで小学校や保育園の屋根点検ー地域の防災にも有効活用(神清)

屋根に登らず、簡単かつ安全に現地調査を済ませられる方法として、株式会社CLUEが開発したのが「ドローンを自動操縦して屋根の写真を撮るアプリ」である『DroneRoofer(ドローンルーファー)』です。 iPadをタップするだけで自動飛行、位置調整、撮影を完了できるため、操縦訓練は必要ありません。ドローン一式とiPadはもちろん、飛行に必要な許可申請、使用中のドローン保険、導入とアフターサポートまでワンパッケージでご提供しています。 今回は、実際にDroneRooferを以前から活用しており、過去にも取材させて頂いた「神清」の、DroneRooferを使った新たな取り組みに同行させていただきました。 「神清」は日本国内で一番の流通量を誇る三州瓦の窯元として慶応4年に創業してから、150年以上の歴史を持つ愛知県の老舗企業。「屋根から人の笑顔を作る」をモットーに掲げる地域密着型の屋根屋として、普段から積極的に防災に関する情報発信やボランティア活動などの地域貢献事業を行っています。 今回もその一環として、ドローンを使った屋根点検を高浜市内の小学校や保育園に無償で実施することに。その様子を、九代目社長の神谷環光さんと常務取締役の神谷昭範さんに見せていただきました。 元々は大阪北部地震でブロック塀が倒壊し、登校中だった小学生が下敷きになって亡くなった事件がきっかけだったという環光さん。 「高浜市内だけでも、瓦屋根の学校は10校もある。これを機に、ブロック塀だけでなく、校舎の屋根の状態もしっかりチェックした方が良いと思いました。万が一地震や台風などで屋根が倒壊し、人の上に落ちたら危ない。子供の命に直接関わるので、次の災害が起きる前にできる限りの準備をすることに越したことはないと思い、屋根の点検を自治体に提案しました」 通常であれば梯子や高所作業車が必要になる大きな建物の屋根点検であっても、DroneRooferを使えばそれらの機材は一切使用せずに、簡単で効率的な点検が可能になります。この日も乗用車にドローンを積むだけで準備が済んだのが印象的でした。 まず訪れたのは高浜中学校。さっそく武道館と体育館のそれぞれの屋根の状態をDroneRooferを使ってチェックします。 「もちろん建物の構造によって人への危険性も変わってくるのですが、巨大地震の場合は特に棟部が倒壊する恐れがあるので、まずはそこを重点的に見ます。他にも瓦が剥がれたり浮いたりしていないか、釘が抜けていないか、漆喰がどういう状態になっているか、樋の形状はどのようなものか、などのポイントを見ながらしっかり点検します」 「あとは学校ならではの懸念として、校庭の隣にある建物には、生徒が飛ばした野球やサッカーのボールがよく飛んでしまうので、それによる破損がないかも見ていきます」 そう言いながら、屋根の状態をチェックする昭範さんの目付きは鋭く、まさしくプロそのもの。異常や懸念点の漏れがないよう、くまなく点検しています。 だからといって長時間かかるという訳ではなく、DroneRooferを使えば、屋根を隅々まで見ても、所要時間は各屋根10分程度。立っているだけで汗が滝のように流れる程暑い日だったため、点検時間が短いのは正直とてもありがたかったです。 次は、大きな建物とカラフルな瓦屋根が特徴的な中央保育園の点検へ。 「こういった急勾配の屋根は足場を組まないと絶対登れませんね。そうすると時間もコストもかかるので、逆に一番DroneRooferを活かせる現場だと思います」 そう仰りながら、お二人で手分けしてドローンで屋根点検をテキパキとこなす環光さんと昭範さん。保育士の方もいらっしゃり、ドローンが飛ぶ姿を興味津々な様子でご覧になっていました。iPadにリアルタイムで表示されている屋根の映像を見ながら、「ここまでしっかり見えるんですね、びっくりしました」との嬉しいコメントもいただけました。 中央保育園の点検を問題なく終え、最後に、群青色の釉薬瓦が印象的な吉浜幼稚園へ。横に広いタイプの建物で、左端から順に屋根の状態を見ていきます。 ちょうど帰宅の時間だったのか、保護者の方々がお子さんをお迎えに来ており、大人も子供も、みんな初めて見るドローンに興奮した様子でした。中には指をさしながら「ドローンだ!」と大きな声で叫ぶ子供も。こんな小さな子でもドローンを知っていることに驚きましたが、これからどんどん当たり前の光景になっていくのかもしれません。 合計3軒の学校や保育園の点検を無事に終え、一息つく「神清」のお二人。所要時間はなんと、合わせても1時間以内でした。学校などの大型物件は、屋根を点検するだけでも通常は膨大な時間とコストがかかります。そんな点検を、DroneRooferというツールを使って効率よく行い、しかも地域貢献の一環としてボランティアで提供している「神清」はまさしく「屋根から人の笑顔を作る」というモットー通り、地域の屋根を守ることで、子供達の安全と笑顔に繋げています。 ドローンを使った画期的な試みを拝見し、DroneRooferの可能性をひしひしと感じた今回。これからも引き続き、さまざまな活用方法を皆さまにお届けしていきたいと思います。

ドローンを一気に5台導入!もたらされた意外な広告宣伝効果とは?(イーグル建創 本間竜一)

外壁塗装や屋根工事をはじめとした住宅リフォームを手がけるイーグル建創。1995年に創業し、今では年間約8000棟を施工。その膨大な工事現場の中でも、安全面の確保や目視での確認が難しい現場で利用されているのが、屋根点検ドローン「DroneRoofer(ドローンルーファー)」です。 「性能やケアサービスに惚れ込み、一気にまとめて導入しました」と話すのは、同社取締役の本間竜一さん。導入時の社内の反応や、活用法、営業インパクトについてお話を伺いました。 使ってわかった『DroneRoofer』3つのメリット   1. ドローンがもたらす、広告宣伝効果 2. ドローンが守る社員の安全と顧客からの信頼 3. お客様(ご家庭)へのちょっとしたサービスも可能 株式会社イーグル建創について 株式会社イーグル建創 業種:屋根工事、外壁工事、リフォーム工事、新築事業、不動産事業、環境衛生事業 所在地:東京都町田市 設立年月日:1995年1月 社員数:277名 DroneRoofer、5台一気に導入! ーー最初から5台導入したんですよね。そもそも、DroneRooferを知ったきっかけは何だったんでしょうか。 リフォーム産業新聞の広告で見つけました。もともと、過去にもドローンの導入を検討したことはありました。でも、飛行許可や技術面のハードルが高かったんです。DroneRooferはアプリで簡単に操作できるし、住宅密集地での飛行許可1年分と、保険がパックになっている。それなら! と、役員会で導入提案をしました。満場一致で可決されましたね。   ーー住宅地での飛行に、不安はなかったですか? CLUEの方のデモ飛行を見て「これなら住宅密集地でも大丈夫だ」と確信しました。ドローン操縦士として飛行認可を受けた社員に向けて、講習会も開催してもらったので、最初からスムーズに飛ばすことができました。   ーードローンを導入するまでは、どうやって作業をしていたんでしょうか。 屋根に登るためにはしごをかけたり、高所作業車や高所カメラで撮影や点検をしていましたが、大掛かりな道具なので運送も大変ですし、15箇所ある支店間でのやりとりにも時間がかかる。12m以上の高い建物になると、高所作業車も届きません。   転落事故ゼロ! ドローンが守る社員の安全と、顧客からの信頼 ーー高所作業車だと、狭い道を通るのも一苦労ですよね。 あとは社員の安全性ですね。工事の時には足場を組むけど、点検時にはそれもない。はしごで屋根に登るのでは、危険をともないますので、屋根の勾配やコケの付着などの状況によってヒヤッとする場面もありますし、事故につながったこともありました。しかし、導入後の現在は転落事故のリスクを上手に回避することができるようになりました。 ーードローンが事故ゼロを達成したんですね。 あとは、お客様の中には屋根に人が登ることに抵抗がある方もいらっしゃるんですよ。   ーーそれはなぜですか? 人が登ると傷んでしまうのではないか? とか、何か悪いことをされるんじゃないかとか。   ーー悪いこと、というのは? 「点検します」と屋根に登って、瓦を割って、何事もなかったように降りてくる。そうやって、修理費用を請求する悪徳業者がいるんです。   ーーそんな業者がいるんですね……。 ドローンで撮影したデータをその場で見ていただくことで、お客様にも安心していただけます。4Kカメラが搭載されているので、画像も鮮明です。傷んでいる箇所をその場で説明した上で、屋根に登って修理に取り掛かることができます。   ドローンがもたらした、意外な広告宣伝効果 ーー意外だったメリットは? ドローンを飛ばす際には、事前に近隣のお宅にご挨拶するんです。そうすると、みなさん面白がって見学しにくるんです。「ドローンなんて初めて見た!」って(笑)。プロ用ですから、迫力ありますよね。新規のお客様を獲得するにあたって、宣伝効果が大きいです。 ーー広告にも! 実際にオーダーにつながりました? はい。近隣挨拶の際に、「うちの屋根も見て欲しい」と。「じゃあその場ですぐ飛ばして点検しますね」という流れです。 いっぺんに5台導入したのも、会社として先進性をアピールしたかったからです。1台だけだと、インパクトがない。あちこちで飛ばしていると、「イーグル建創がドローンを導入したぞ」と話題になる。アドバルーンみたいなものです(笑)。   ーードローンの導入が、企業ブランディングにも繋がったんですね。 ドローンの導入をさらに印象付けるため、「ドローンはじめました!」というチラシも配布しました。リフォーム業者のチラシって、どうしても似たり寄ったりなんです。これなら「なんだろう?」と、まず手にとっていただける。 ーーたしかに、これは目立ちますね!    ドローンを使った、家庭へのちょっとしたサービスも ーーイーグル建創は、新築物件の建設も手がけていらっしゃいます。家は人生をかけた大きな買い物です。引き渡し前に、状態を見たい人も多いのでは?  そうですね。施工中の写真や竣工後の様子を撮影し、CD-Rに入れてお客様にプレゼントしたりしています。 ーーそれは嬉しい! 家を俯瞰して撮影することなんて、なかなかないですよ。 さらにこれはサービスですが、ご家族の記念撮影写真も行っています。ご家族が工事現場を見学される際に、ドローンを見上げていただいて、家と一緒に家族写真を空撮しています。 4Kだから、綺麗な画像をお渡しできるのが嬉しいですね。施工写真と合わせてお客様にお渡ししています。   ーーアピールしないところが、粋ですね。今後、もっと活用していきたい領域は? 住宅診断部門では、非破壊検査もやっています。そこもドローンを導入したことによって、さらに進んだ診断が可能になりました。今後、10台は買い足したいです。全ての営業所に導入していきたいくらい、満足しています。

日本屋根経済新聞様に取り上げていただきました!

ドローンで屋根を点検するアプリケーション『DroneRoofer (ドローンルーファー)』を2018年1月1日付けの日本屋根経済新聞様に取り上げていただきました! DroneRooferはボタンひとつで誰でも簡単にドローンを操縦できるアプリケーションとして開発し、屋根工事業に携わる方々が屋根に上ることなく安全に点検を行うことができる画期的なツールとなっております。 パッケージには、ドローン本体とiPadなどの操縦に必要な機材一式の他、人口集中地区(DID)などの飛行が制限されているエリアの飛行許可の申請、落下や事故など万が一のときのためのドローン保険、アフターサポートなどが一つになった安心のオールインワンパッケージとなっているため、お手元に届いた瞬間からドローンをご使用していただくことが可能になっております。 DroneRooferに関するお問合せや、資料のご請求など、については、下記フォームよりお願い申し上げます。

DroneRoofer紹介動画