ユーザーインタビュー一覧

最新記事

DroneRoofer



おすすめ記事

日本屋根外装工事協会中支部の定例会に参加!

こんにちは、DroneRoofer営業担当の明正です。 7月10日に名古屋で行われた日本屋根外装工事協会中支部の定例会に参加させて頂きました。 日本屋根外装工事協会とは、「屋根外装工事の品質・性能・安全・環境の向上」「住宅建築の新しい価値」「美しい日本の景観」「屋根外装を通して社会に貢献」を目的とした日本の屋根・壁・外装の専門工事協会であり、東日本支部・中部支部・西日本支部と3の支部に分かれており、会員には全国の屋根・壁・外装に関する企業様が多くいらっしゃいます。 今回参加させて頂いた中部支部の定例会では、 弊社のドローンによる屋根点検アプリケーション「DroneRoofer」のご紹介と活用方法について、ただドローンを使用するだけではなく、どのようにしたら効果的活用できるか等について、実際に導入してくださっている企業様の事例なども踏まえお話をさせて頂きました。 質疑では、欧米や中国など、国外でのドローンの活用や規制などについて参加者様からご質問があり、ドローンに関心を持って頂いていることを肌で感じました。 定例会終了後の懇親会では、 既に「DroneRoofer」を導入して下さっている方や、以前ご挨拶させて頂いた方も多くいらっしゃり、改めてお話を伺うことで、新たに見えてくる課題や、こんな機能があればなどのご要望の他、私達では思いつかなかった使い方なども発見することができたので、今後に活かせるとても素晴らしい勉強会になりました。 世間ではまだまだドローンの認知度は低いですが、ドローンに関心を持って頂けるよう、今後もこのような場でお話をさせて頂き、皆様が抱える課題の解決のためにお役にたてるよう取り組んで参ります。

大分県屋根工事業協同組合様の勉強会に参加!

こんにちは、DroneRoofer営業担当の明正です。 7月17日に、大分県屋根工事業協同組合様の勉強会に参加させて頂きました。 大分県屋根工事業協同組合は、大分県に拠点を置く屋根工事業者様の組合で、屋根工事の技術向上や社会貢献を目的とした一般社団法人全日本瓦工事業連盟(全瓦連)という瓦工事業者の全国団体に所属しております。 今回参加させて頂いた西日本支部の勉強会では、 弊社のドローンによる屋根点検アプリケーション「DroneRoofer」のご紹介、屋根工事業におけるドローンの運用方法、航空法における飛行エリアの制限などの法規制、既にDroneRooferを導入して下さっている事業者様の活用事例や、実機による飛行デモをお見せすることができました。 実際にドローンを見るのは初めてという方が多くいらっしゃり、飛行デモをお見せした際には、多くの参加者様にご興味をもって頂けたかと思います。 また、操作感についても、DroneRooferは誰でも操作ができるよう複雑さを排除したシンプルなものになっておりますので、ご好評頂くことができ、実際にドローンが動いている場面をお見せすることの大事さを再認識致しました。 引き続き、DroneRooferに関する情報発信ならびに、全国各地の屋根工事業様の勉強などに参加させていただき、参加者の皆様に少しでもドローンについてご興味をもって頂けるよう、取り組んで参りますので、よろしくお願い致します。

リフォーム産業フェア2018 IN 大阪に出展

株式会社CLUEは『DroneRoofer(ドローンルーファー)』のご紹介のため、本日よりリフォーム産業フェア2018 IN大阪に出展しております!10月11日(木)から10月12日(金)までの2日間インテックス大阪で開催されている本フェアは、 全国のプロが集まる日本最大級の住宅・建築・建材のイベント。毎年東京・大阪の2箇所で開催されており、大阪での開催は今年で17回目。8000人以上の方々が来場されています。 我々のブースでは、実際にドローンをお手に取ってご覧になっていただけるほか、DroneRooferの操作感や挙動をご確認いただくことができます。また、実際にお使いいただいているリフォーム会社、工務店、屋根屋などのお客様がどのようにDroneRooferを活用し、売上アップや業務効率の改善に繋げているかもお話しさせていただきます。 DroneRooferのブースは【O-02】になります。入場も無料ですので、是非お気軽にお越しください!

DroneRoofer紹介動画