屋根に登らず、簡単かつ安全に現地調査を済ませられる方法として、株式会社CLUEが開発したのが「ドローンを自動操縦して屋根の写真を撮るアプリ」である『DroneRoofer(ドローンルーファー)』です。
iPadをタップするだけで自動飛行、位置調整、撮影を完了できるため、操縦訓練は必要ありません。ドローン一式とiPadはもちろん、飛行に必要な許可申請、使用中のドローン保険、導入とアフターサポートまでワンパッケージでご提供しています。
今回は、実際に『DroneRoofer』を導入している株式会社望月商行の望月様に、導入のきっかけや実際の使用例、感じているメリットなどを伺いました。

使ってわかった『DroneRoofer』3つのメリット

1.撮影が簡単。高い位置から写真を撮ってズームするだけ。

2. ひっそりとしていた屋根点検が、ときにはイベントさながらの盛り上がりに。

3. 屋根に登れない社員も調査ができる。人手不足の一助に。

望月商行について

株式会社望月商行

業種:新築既築の屋根外壁工事・塗装工事・耐震工事・太陽光発電システム設計施工・一級建築士の感動リフォーム応援隊

本社所在地:静岡県静岡市清水区渋川2丁目18-23

設立年月日:昭和55年4月

従業員数:工事16名/管理・営業7名

老舗の同業社が続々と『DroneRoofer』を採用。「これはもう、間違いない!」

ーー『DroneRoofer』をどのような業務に活用されていますか?

当初から活用しているのは、登るには危険をともなう屋根の点検です。3階建て以上の屋根や、踏み抜き転落の危険のある大波スレートの工場屋根、急勾配や滑りやすい屋根材を使った屋根ですね。最近では、過去に弊社で太陽光発電システム工事を行ったお客様の屋根の点検や、屋根工事をした既存のお客様の屋根の定期点検業務にも使用しています。

ーー導入の決め手はなんでしたか?

老舗の大手の同業さんがどんどん採用し始めていて、「これは間違いないな」と思ったんです。できるだけ早く導入した方が話題にもなりやすいですし、集客効果や宣伝効果につながると思い、決めました。

 

ーー元々ドローンにはどんなイメージがありましたか?

正直に言うと、かなりマイナスなイメージを持っていました。首相官邸に落ちたとか、墜落して下に居た人がケガをしたとか、ニュースで見聞きしていましたから。操縦が難しくて、免許を持ってないと運転できないような代物だと思っていました。

でも、CLUEさんに問い合わせた後、すぐにデモンストレーションに来てくれて。実際に操縦するのを見たら「なんじゃこりゃ!」ですよ。驚きました。

 

ーー何に驚かれましたか?

飛び上がるスピードも高さも飛行の安定感も、全部に驚きました。自分でも触らせてもらいましたが、あまりに簡単で、さらに驚きましたね。離陸もボタンを1タップするだけですし、写真撮影も簡単です。

とても解像度が高い写真が撮れるので、画角を細かく設定する必要もありません。『DroneRoofer』を高く飛ばして屋根を撮れば、あとはズームするだけ。初日から誰でも上手に撮れると思いますよ。


「ドローン調査」への興味喚起をチラシのポスティングで。ときにはイベントさながらの盛り上がりに。

ーーホームページにドローン点検の項目がありましたが、反響はありましたか?

ありましたね。元々、作成したドローンチラシの反響がすごかったんです。タウン誌に折り込みチラシを入れたのですが、そのときにたまたま県内に大型台風が上陸して、翌日からかなりの数の問い合わせをいただきました。

台風という特殊要因の為、全てがチラシ効果とは言えないですが、約半数のお客様がドローン点検のチラシを見て問い合わせした、と言ってくれたんです。過去のチラシと比較してみると驚異のレスポンス率で、驚きました。

みんなドローンへの関心って高いんだなぁ、と感じて、ホームページにもドローン点検の項目を追加しています。

 

ーー実際にお客様の前で飛ばした時の反応も良いですか?

反応はとてもいいですね。さらに、いい反応をいただけるように工夫もしています。ドローン点検の前には近隣のお宅40〜50軒に「◯月◯日◯時から実施します」とチラシのポスティングを実施しているんです。静岡は新しいものに慎重な人が多いから、「見てみたいな」という気持ちを少しでも刺激したいと思って。

点検自体もちょっと派手なジャケットを着て、ヘルメットをかぶって「今から点検するぞー!」と仰々しくやるようにしています。時にはイベントさながらに人が集まって来る事もあるんですよ。今までのはしごをかけてひっそりと屋根に登る点検時にはありえなかったことです。

 

『DroneRoofer』があれば屋根に登れない社員も点検ができる。業界全体でいいものを取り入れていきたい。

ーー他に、ドローンを導入して変わったことはありますか?

作業効率は、控えめに見ても以前より2倍~3倍は上がっています。通常はしごをかけて登る屋根調査は30分~40分程度ですが、ドローンでの調査では、準備作業込みで10分~20分程度。かなり作業時間が短縮できています。

業界全体の人手が足りない中で、業務効率化は至上命題です。うちをはじめ、ついオーバーワークになりがちな会社さんも多いと思います。『DroneRoofer』があれば、屋根に登れないスタッフや女性スタッフも調査できるようにはずですから、これからもっと活用していきたいですね。

 

ーー社員の方々は『DroneRoofer』について何と言っていますか?

みんな日々「すごい!すごい!」と喜んでいますよ。『DroneRoofer』があればその場も明るくなりますし、これで屋根業者の未来も明るくなってほしい、明るくしたい!と思っています。大げさかもしれませんが、『DroneRoofer』には屋根業界の未来を感じているんです。

ーー今後はドローンどのように活用していきますか?

今以上にハイスペックな機能が実装されてくると思いますので、時代に、業界に取り残されないよう、とにかく頻繁に飛ばす機会をつくって、ちゃんと使いこなせるようにしていきたいですね。屋根の測量からの図面作成、見積機能や、赤外線カメラを使った水の侵入経路の調査、あと屋根工事の動画撮影など「こうなったら嬉しいな!」という夢は広がります。

 

ーー最後に、『DroneRoofer』を検討している方にアドバイスをお願いします。

お世辞ではなく、『DroneRoofer』を導入してプラスになる事は多々あれど、マイナスになる事は一つもないと思います。僕ら屋根業界としても、昔からの伝統など良い所は残しつつ、時代や社会のニーズに合った新しい物をどんどん取り入れて、皆で成長していきたいです。これからの少子高齢化・人口減少社会に負けない業界にしていきたいです。

資料請求・飛行デモ申込み

サービスに関するご不明点やご質問がありましたらぜひお気軽にお問い合わせください。
飛行デモ のお申し込みも承っております。(※場所、環境、日時をご相談させていただきます)